ウィンドリペア(フロントガラス修理)

ウィンドのは、ガラス交換より修理が安い!
当店は、補修技術者のいるお店です。

フロントガラスの飛石傷、ひび割れの修理を致します。
飛び石等でヒビが入ってしまったガラスは、ヒビの状態が不安定で、車の振動や、風圧、温度変化により、 使用不可能な状態に割れてしまう事があります。 そこでガラス交換より安価なガラス修理を提案しています。

修理の目的はヒビの拡大を止めることです。傷跡が見える、目立つといったことが無い様に修理いたしますが、 傷の状態によっては、現在の技術や材料では克服できないものもございますので、傷の状態をまず拝見させて頂いて、 修理の方針をご提案させて頂いております。

トータルグラスのウィンドリペアは2年保証付きで安心です。

比べてみてください!当店の2年間保証。

一般的な保証の場合
修理代の返却
再修理代金、ガラス交換だいは別途請求
当店の保証の場合
責任対応のお約束「2年間保証書」発行
無償で再修理またはガラス交換
安心・納得の2年間保証書を発行します。
当店のウィンドリペア実施部分に対しての保証となります。
修理後2年以内に修理箇所が変色、剥離が発生した場合に無償で修理させていただくものです。
また、万が一修理したキズが伸びてしまい、再修理で対応が不可能となった場合は優良新品ガラスに無料で交換させて頂きます。
※フィルムアンテナ等の部品代はお客様ご負担となりますのでご了承ください。

さらに!
保証期間中に、同じ車に再び飛び石などで傷がついてしまった場合・・・

ガラス修理の場合
各サイズ50%OFFで修理いたします。
ガラス交換の場合
通常ご来店価格の10%OFFで交換いたします。
  • 価格変動等により、前回ご利用時の価格より金額が上がる場合もございます。
  • 割引は保障期間内それぞれ1回のみのご利用とさせて頂きます。
  • フィルムアンテナ代は割引対象外とさせていただきます。
  • 割引には保証書もしくは施工後にお渡しする割引券の何れかのご提示が必要となります。

ガラス修理可能部分と2年保証対象とならない場合のある傷の発生場所について

下記青い部分(ガラスの端から10センチ以内)の傷の修理は2年保証対象とならない場合がございます。
また、傷の状態によっては修理不可能な場合もございます。


ガラスの端から10cm以内にある傷または、傷の大きさが3cm以上ある場合は修理不可能な場合がございます。
特に中央下部の赤い部分(デフロスター付近)の修理は、ひびが伸びやすいため確認が必要です。
ガラスの端から10センチ以内の傷は修理可能な場合でも保証内容が下記のように変更となります。

2年保証は対象外となります。
修理後に傷が再発しガラス交換が必要となった場合、交換代金より今回ご入金いただいた修理代金を内金としてお引きいたします。
万が一修理部分の変色、剥離があった場合は保証期間内(修理後2年間)であれば無料で再修理いたします。

さらに!
保証期間中に、同じ車に再び飛び石などで傷がついてしまった場合・・・

ガラス修理の場合
各サイズ50%OFFで修理いたします。
  • 割引は保障期間内1回のみのご利用とさせて頂きます。
  • フィルムアンテナ代は割引対象外とさせていただきます。
  • 割引には保証書もしくは施工後にお渡しする割引券の何れかのご提示が必要となります。

ウインドリペア価格表

 

車種 Aサイズ
15mm以下
Bサイズ
23mm以下
Cサイズ
30mm以下
Dサイズ
30mm以上
軽自動車
普通自動車
18,000円
持込特価(※)15,000円
20,000円
持込特価(※)15,000円
23,000円 28,000円~
トラック 20,000円 23,000円 28,000円 32,000円~
マイクロバス
大型バス
25,000円 28,000円 32,000円 38,000円~

※持込特価は、車輌を当店までお持込・お引取いただいた場合の特別価格です。

  • 上記価格は「ひびぺったん」使用時の価格です。使用のない場合は2割増となります。
  • 2箇所以上の場合は1箇所8,000円(バスは12,000円)となります。
  • 出張作業は松本市内3,000円、市外(松本市周辺に限ります)5,000円の出張費が別途必要となります。
  • 表示価格は消費税抜き価格です。

ウィンドリペアをご利用いただくお客様へ

ウィンドリペアは補修です。ヒビが入る前のガラスに戻るものではございません。
ご利用ご検討のお客様は下記事項をご確認、ご了承の上ご依頼下さい。

  1. ヒビの中に入った汚染水(雨、ウォッシャー液、ワックス他)の水分は抜けますが汚染物は修理後も残ります。
  2. 傷の中が複雑に割れている場合や傷が大きい場合は修理後も痕が残ります。
  3. 石があたって、ガラスが無くなっている部分(手で触って凹んでいる部分)にはアクリル樹脂を入れてガラス面を平らにしますが、修理痕として残ります。

ガラスにヒビが入ってしまったら

ヒビが入ってしまったら、傷内部には一切異物を混入させない事が重要です。
雨・油脂・細かい砂等の浸入を防ぐために「ひびぺったん」で応急処置してください。
またヒビが伸びるのを防ぐために以下の事に注意して出来るだけ早く修理してください。

  1. デフロスタの使用は極力さける。
  2. ドアの開閉は窓を少し開けた状態で行う。
  3. 走行時は車体の振動を最小限にとどめる。
  4. 直射日光の当たる場所に長時間駐車しない。

自動車ガラス専門店 トータルグラス

ご予約、お問い合わせはのお電話は0263-27-7822

ご予約、お問い合わせはのメールはこちら